スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AtomのscriptsパッケージでNode.jsのグローバルモジュールがrequireできない

のをなんとかした。Atomのメニューから ファイル > 起動スクリプト... を選択してinit.coffeeを以下のように編集する。Windowsの場合はパスをコピペすると単一のバックスラッシュがそのままではエスケープ扱いになってしまう点に注意。

process.env.node_path = ["追加node_modulesフルパス", process.env.node_path].join(";");


変更前はprocess.env.node_pathに "C:\Users\username\AppData\Local\atom\app-1.14.3\resources\app.asar\exports" が入っていた。本来はインストール済みのNode.jsを使ってくれるはずだけど、手動でPortable版を作って環境変数を通して使っているせいか未インストール判定になりAtom内臓のNode.jsが使われていたようだ。おしまい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

すポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
DN (57)
CSS (2)
いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。