スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アモンケット/Amonkhet/AKHで使いたいカードTOP.5

予言により

呪文タイプに制限がない、インスタントやソーサリー以外もプレイできる。唱える場所の制限がない、手札以外からのプレイ時にも適用できる。よくある「マナコストがXに等しい~」ではなくX以下、薬瓶と違いカウンター乗せ得。機会が毎ターン、つまり相手のターンにも一度適用できる……。使っていく上で、また使い方を考える上でストレスを感じるような束縛のほとんどない、自由さを感じる素晴らしいデザイン。 プレイする呪文に困らないように、ある程度はアドを稼げる呪文を選んで垂れ流していく必要がある。不要になった土地はサイクリングやルーターで他のシナジーを誘発させながら有効牌に変えてしまおう。この手のカードの常としてマナコストのないカード(0マナ扱い)をプレイする動きも強い、待機する方のビジョンの値段が更に上がってしまうかもしれない。

検閲

ピッチの代わりにサイクリングを得たデイズ。序盤は万能カウンター、土地詰まりや中盤以降はさっさと捨ててアド損回避。一度見せたあと、相手がケアして勝手に展開を遅らせてくれたら儲けもの。痒いところに手が届いた。

ホネツツキ

クリーチャーが死んだ後なら1マナ3/2飛行接死になる。陰鬱と同じく死んだのが相手のクリーチャーでも条件を満たせるため、蹴るなり焼くなりして除去したついでに出すとおいしい。腐っても接死があるから悪くても相打ち狙いやデコイにはなる。下では衰微以外に耐性がないのと、未練一回分で相打ちを取られてしまうため少し厳しい。

疫病吹き

たまに黒に現れる3マナ5点クロック。モダンでゾンバーメント寄りのデッキで使いたい。-1/-1カウンターを使ってゲラルフの伝書使を更に使いまわしたり、墓所這いをぐるぐる回してドレインしたり。

陽焼けした砂漠

砂漠がサブタイプだったなんて知らなかったそんなの……。CIPで一点飛ぶのにタップインじゃないのがとてもえらい、でも無色デッキも結局はタッチしてグッドスタッフ気味にするのが主流だからあまり居場所はなさそう。ヨーグモスの墓と並べてラクドス召喚のお膳立てに使いたい。

関連記事

テーマ : Magic:The Gathering
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

すポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
DN (57)
CSS (2)
いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。