スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lenovo G565のキーボードを交換

家族にノートPCを貸したらキーボードを汚されてしまい、通常のキーボードのようにキーを外して掃除していたらエンターキーが戻らなくなってしまった。Lenovoのサポセンに電話して修理のお値段を聞いたら最低2万は掛かるとのこと。こんな古い端末に万単位を費やすのは馬鹿馬鹿しいし、ネットを漁ったら交換用のキーボード単品が結構流通していたから、それを買って自分で交換修理することにした。


交換用のキーボードが届いたところでさっそくノートPC裏のネジをどんどん外して筐体とM/Bを分離する。が、いくらネジを外してもキーボードが分離しない。どこで固定されているのかがわからないまま探るように分解を進めるが、終いには外せる端子もネジも無くなってしまった。どうしたものかとあらためて筐体の裏面を見ると、一つのネジ穴にキーボードっぽいマークが刻印されているのを見つける。試しに既にネジの外れたその穴にドライバーを突っ込むと、反対側からキーボードがぽろりと落ちてきた。どうやら分解せずとも、このネジ穴一本だけ外してドライバーを突っ込めばかんたんにキーボードが取り外せる親切設計だったらしい。まあホコリを取るためにオーバーホールしたと思えばいいか。おしまい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

すポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
DN (57)
CSS (2)
いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。