スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOI/Shadows over Innistradで使いたいカードTOP.5

『イニストラードを覆う影』 | マジック:ザ・ギャザリング

リーク当時「おっ、オマケでアーティファクトトークン出せるなら新たな造形がワンチャンあるんじゃね? 今度カードショップ行ったら買っとくか」そして現在のお値段である。みんな考えることは同じなのかと思いきや、調査の手掛かりトークンとは関係なく普通にモダンのデッキで採用されたから値上がりしたらしい。なんでも欲しいと思った時が買い時だ。

デリリウムはモダンならフェッチに部族にガラクタであっという間に墓地に四種類が揃いそうだ。とはいえ下準備にリソースを費やしても勝ちに直越繋がらないから、元からそこそこ種類の肥えるデッキに一手間加えて機能させる形がよさそう。

1. 突沸の器

ストームに貢献しづらいデザインの新世代マナ加速カード。イラストやカード名はどう見てもアーティファクトなのにエンチャントだという、まあ割られにくいからエンチャントの方がいいけどね。1,2Tに置いて返しに4-5マナへジャンプしてマウントを取りに行くデッキを組みたい。王笏ブーメランを仕掛けたり、煮えたぎる歌よろしく災難の大神を出したり。

2. 証拠の痕跡

ふしぎな手掛かりがどんどんでてくる。出た手掛かりをナラー夫妻で投げ付けたり、ギラプールの霊気格子でファンネルに変えたりして徐々に盤面を固めていくコントロールを組みたい。普通にドローしたい状況も多そうなだけに、名高い武器職人が入れ替わりで落ちるのは残念。

3. 十三恐怖症

相手の残りライフが10点なら10点火力になる碑出告の第二の儀式がより使いやすく、複数引いても無駄にはならなくなった。両採用してフェッチやダメランで回避されないように特殊地形をメタりながら戦うデッキを組みたい。さらに燃え柳の相手ゲインで調節もできると便利だけど値段が以前の10倍になってる……。

忘れられた作品

マッドネスや高揚を促しながらスフィンクスの後見をゴリゴリ誘発させたい。

黄金夜の懲罰者

尖り方が今一足りない天使ちゃん。速攻は偉いけどデメリットが甚大すぎて簡単にダメージレースをひっくり返されてしまう、てっきりP/T反転や反射スペルが一緒に来るかと思ったがフルスポには載っていなかった。跳ね返す掌は落ちちゃうから突撃陣形くらいかな。

関連記事

テーマ : Magic:The Gathering
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

すポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
DN (57)
CSS (2)
いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。